2ヶ月で99%の人がコレで痩せてます!

≪自宅でライザップ≫
料金が高い、近くにジムが無い、などで通えない。 いろんなダイエットを試しても続かない。 トレーニングジムにはそんなイメージがありませんか?

安くて誰でも続けられる
自宅でできるライザップ
のプログラムがあることを知ってますか?

> 詳しくはこちらへ


ライザップの筋トレ/腹斜筋や複合筋を鍛えるトレーニング方法

今、テレビでもよく見かける話題のRIZAP(ライザップ)

必ず痩せる!結果が出る!トレーニングジムとして有名ですよね。

しかし、近くに無い、料金が高い、という理由から諦めていた人も多いでしょう。

それが自宅に居ながらトレーニングが可能になりました。

『ライザップスタイル』というプログラムで、

普通に入会すると、入会金が5万円+2ヶ月のコースで30万円と
けっこう高額です。

それが1ヶ月コース49,800円~自宅で行えるようになりました。

このくらいの料金なら始められそうですよね!

またライザップに通いたいけど近くに無いという人には嬉しいプログラムです。

DVDや食事ガイドも付いているので安心です。

今まで諦めていた人、いろんなダイエットに挑戦したけど失敗した!
という人は試してみるべきプログラムですね♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
話題沸騰!あのライザップが自宅で!?


ライザップの筋トレについて、
詳しく説明している動画をご紹介します。


トレーニングされるのは横ですね。腹斜筋や複合筋といったこの横の腹斜筋の横につながってる筋肉ですね。これをターゲットにしていきます。動作としては片方ダンベル・重りを持っていただいたら重りを持っている方をまずグーッとおろしていって反対側を伸ばしていきます。このとき骨盤が動かないように注意をしていきましょう。ゆっくりと起こしていきながらしっかりと伸ばしていきましょう。伸ばしたら腹直筋、お腹に力を入れた状態で、吸ってはいて吸ってはいてこれを繰り返していきます。この途中にここから戻すときに肩を使ったりひじを使ってもどさないように注意をしていきましょう。しっかりと落とし込んだらこっち側にしっかり力を入れて終つぶしていきます。終わりましたら反対側も同様にまずはしっかり伸ばしてあげてから腹筋に力を入れながら横につぶしていく、吸ってはいて吸ってはいてを繰り返していきます。


腹筋の種目行っていきます。腹筋、上と下とななめを鍛えていきます。説明行きます。最初シットアップ。足をついて90度。それから寝ていきます。顎を引いて頭をあげて常にこの位置をキープしていきます。手、胸の上に構えて右斜め前ですね、ここからスタートです。息を吐きながら肩甲骨をあげるイメージでカウントを数えていきます。戻してはいて、2、吐いて、3、という動きで動作一定のスピードで行っていきます。何点か注意事項があります。頭をおろさないように、つらかったら後ろに手を組んでください。反動を使って起き上がらないようにしていきましょう。あと腰を一回一回あげないように。これが終わったら次、下の部分、手をついて足をまっすぐ延ばしてあげて完全におろしきらない、ななめ45度。手を頭の後ろに、右の膝あげて、左のひじ、肩甲骨しっかりあげてひねる、反対側も123456この動きを順に繰り返していきます。これを組み合わせて行っていきましょう。顎ひいて。行きますよ。はいて1、2吸ってはいて3、4、5、6、7、8その調子、9、10腰を上げないように11、12、13反動使わないように14、15いいですね16、17顎ひきつづけて18、19ラスト20。手つけて足伸ばして足少し上げます。1ゆっくり2、3、4その調子ですよ5、6、7その調子で8、9、10。足まげて1、2、3ひねって4、5、6、7、8、9、10肩甲骨あげて11、12、13、14、15、16、17、18、19、20はいオッケー


まず足を腰の幅に開いていただきましたらスクワットのようにお尻を後ろにひいていきます。で、バーは足の上にセットしていきます。足よりも外側でバーを握っていきましょう。一回この状態から上にあげていきます。そうしましたらお尻を後ろに引きながら今度は体を床と平行になるところまでぐっと持っていきます。この時背中が丸まらないようにしっかり気を付けていきましょう。そうしましたらワキを少し開けた状態でみぞおちに向かってバーを引いていきます。2、3、4という動作を行っていきます。このバーを引くときに息を吐きます。そして戻すときに息を吸っていきましょう。はいて吸って、はいて吸って、動作を行っていきましょう。動作が終わりましたらゆっくり起き上がっていただきましたらこのまま膝を曲げるようにしてバーを下していきます。これで動作終了です。


一直線に置きましたら足の甲がバーの下に入るように肩幅で足を開いてまっすぐつま先を向けていきます。そうしましたら、お辞儀をするようにして、お尻後ろに突き出してあげましょう。このまま膝を曲げていきます。この時膝がつま先より前に出ていかないように気を付けましょう。手の幅なんですけど、足の幅より外側に握っていきましょう。このマークに同じ指を付けていきます。胸張っていただいて、このまま上体を少し起こします。せーのの合図で床をぐっと押していきます。起き上がりましょう。ここから動作をはじめて行くんですが、まずお辞儀をしていきます。お辞儀をしてお尻を後ろに突き出したらこのまま背筋を伸ばしたまま膝をぐーっと曲げていきます。バーを体側でぐっと下げていきます。下げきる前に止めて足を上げてから腰を上げていきます。もう一度行きます。お辞儀をしてから、ひざを曲げて、ひざを伸ばしてから次は体を起こしてあげます。この時最後お尻をきゅっと引き締めて背筋伸ばしていきましょう。終わるときですが、ゆっくりとひざを曲げながらバーを下しきります。ここにですね、ねじのたまたまマークだあるんですけど下りた時にバーがしっかり一直線になるように下していきましょう。