2ヶ月で99%の人がコレで痩せてます!

≪自宅でライザップ≫
料金が高い、近くにジムが無い、などで通えない。 いろんなダイエットを試しても続かない。 トレーニングジムにはそんなイメージがありませんか?

安くて誰でも続けられる
自宅でできるライザップ
のプログラムがあることを知ってますか?

> 詳しくはこちらへ


筋繊維が傷つく!それが超回復!筋トレで差が大きく出てくるポイントとは?

ic_all

筋トレの考え方について、
詳しく説明している動画をご紹介します。


Mサイズはちょっと小さいなあ。
本日はリクエストにお応えいたしまして、筋トレについてお答えしたいと思います。よく質問であったのは「筋トレしても筋肉がつきません」というお問い合わせ。原因はね、食事、あと筋トレのフォームだとかね、いろいろ原因はあるわけですけど。今回一番重要だと思われる、筋トレに対する考え方ってのをちょっとご紹介させていただきます。
胸筋とかね、腕とか腹筋、なぜ筋肉が大きくなるのかというと、それはトレーニングをすることによって筋繊維が傷つくんですね。それが超回復することで、ほんの少しだけ元の状態より強くなるんです。それをどんどん繰り返していくと、強くなって回復しては強くなって、回復しては強くなって、の繰り返しでどんどん強くなることができます。
かなり精神的な強さで、強くなる弱くなるのは変わってきます。たとえばA君、B君がいるとします。それぞれまったく同じ筋肉量。でも考え方が少し違ってきます。A君は「えー、今日8回できるかなぁ」に対して、B君「何としても8回やってやる!」。それだけ気持ちが違うと、こんな感じの変化が出てきます。
A君だと「5…6…7…うーん…そして8回め…うーん」。でも何としても8回やってみるっていうB君は「5、6、7、うーん…8…うーん…よいしょ!」というような感じで、最後の1回をやりきります。
この最後の1回ってのがとっても重要なことで、これを同じトレーニングで1年間続けると、たとえばね、A君はベンチプレス5キロマックスが上がるとしましょう。でもね、B君は15キロくらい上がったりするんです。それくらい、この最後の1回ってのは重要です。
人間ね、思い込みの力ってのは想像以上に大きいので。「あー、今日俺ダメだわー」とか言ってる人は、ほんとに伸びがすごく少ない。それよりもね、「何としてもやるんだっ!」ていうようなストイックな人ってのは、やはり筋力の上がり方ってのがすごく大きい。
まったく同じ筋トレをしても、気持ちの違いでね、かなり差が大きく出てくるので、筋トレをするときは、気持ちを高ぶらせてストイックな感じでね、「何とかやってやるぞ!」っていう気持ちでやると、みなさんうまくいくと思います。
あとね、筋トレダイエット情報はこちらのブログとかにアップしておきましたので、またよかったら見てみてください。
以上、筋トレ・メンタル編でした。